入院

回復期リハビリテーション病棟 Convalescence rehabilitation ward

回復期リハビリテーション病棟では、1日のすべてがリハビリテーションにつながるような生活を提供し、早期の在宅復帰を目指しています。脳卒中リハビリテーションを中心とした多職種参画の医療を推進し、チームアプローチの実践を徹底。365日間、早朝から夜間まで、機能訓練に加え、ADLの改善、早期在宅復帰を目指した生活再建、「人間性の回復」のリハビリテーションを提供致します。

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟では、急性期病院で治療を終えたものの、すぐにご自宅へ復帰するには不安があり、引き続きの治療とリハビリテーションを必要とする方を対象に回復期リハビリテーションを行っています。

退院後にはグループ内のサービスまたは地域の診療所や施設との連携により、リハビリテーションの継続を推進し在宅生活を支援いたします。

病棟の特長

積極的な
リハビリテーション
明るく快適な療養空間のもと、365日状態に応じて1日2時間から最大3時間のリハビリを実施しております。 それ以外の時間も、トイレ動作や食事動作などの生活リハビリテーションをして頂くことで、ADLやQOLの向上を目指しております。
チーム医療の徹底
入院後早期に多職種による評価を行い、現状の把握、治療やリハビリテーション、検査データや栄養面についての話し合いを行い治療方針の共有を行います。退院時の状態をイメージしながら各専門職がそれに向けて協力し合いながら調整を行います。
プライバシーを重視した
入院生活
個室を設けており、プライバシーの保護を積極的に推進しています。大部屋でも可能な限りプライバシーを重視した配置となっています。
医師からの
頻回な病状説明
患者さん・ご家族が安心してリハビリできるよう、医師から必要に応じて現在の状態を患者さん・ご家族に説明を行ってしております。内科的治療やリハビリ状況など今後の事について一緒に考えていきます。
安心できる退院支援
入院時や退院時はもちろん、頻回なカンファレンスを開催し情報交換を行います。カンファレンスにはご家族やケアマネジャー、関係施設職員なども含め参加を調整させていただいております。
ソーシャルワーカーや地域連携室専属の看護師を配属しており、よりスムーズな退院支援が可能となっています。
退院後フォローの充実
退院後安心して在宅生活を過ごせるよう、外来リハビリテーション、訪問リハビリテーション、デイケア(通所リハビリテーション)、通所介護を備えております。同一施設内でのフォローとなるため、退院後も安心してリハビリサービスを受けれます。

病棟スタッフ

多職種と連携をとり、患者様ご家族様が目指す目標に向かって在宅復帰への支援と看護の提供をいたします。

看護師長伊藤 裕二

病棟概要

病床数
3階病棟 50床
医師数
常勤医 4名
看護配置基準
13:1
スタッフ
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 合計36名