部門紹介

リハビリテーション部 Rehabilitation Department

緑成会病院リハビリテーション部は患者さんや地域住民のみなさまの疾病予防、退院後の在宅支援まで、患者さん1人ひとりに合ったリハビリテーションを提供できるよう努めております。回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟、医療療養病棟、外来リハビリテーション、デイケア(通所リハビリテーション)、訪問リハビリテーションなど多岐に渡ってサービスを提供しており、本人らしく元気になれる事を目標にチームアプローチを実践しています。

ご挨拶

リハビリテーション部
係長 飯島 直孝

当院のリハビリテーション部には約70名のセラピストが在籍しています。
ベテランから中堅、新人まで個性豊かなセラピストがチームの一員として患者さんの機能回復に携わっています。理学療法では、最新の治療機器や装具を用い、早期からの歩行訓練を実施し、生活の基礎となる起居移動能力の向上を目指しています。作業療法では日常の動作や労働、趣味やレクリエーション等、人が人として生きていくのに必要なあらゆる活動の支援をします。言語聴覚療法では、失語や高次脳機能障害への訓練はもちろん、嚥下造影などの評価をもとに嚥下機能の向上にも力を入れています。

教育精度に関しては、当グループの教育プログラム(キャリアパスシステム)やプリセプターシップによる個別の指導を行い、セラピストの治療提供レベルを向上する試みを実施しています。また。臨床面だけでなく、研究面にも力を入れており学会への積極的な参加・発表を推奨しています。西東京糖尿病療養士、3学会合同呼吸療法認定士など資格を有しているスタッフも多く在籍しており患者さんの身体・精神機能の回復の為、日々研鑽しております。

リハビリテーション部では、医療保険分野だけでなく、デイケア、デイサービス、訪問リハビリの介護保険分野にも力を入れております。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士まですべての職種が介入し包括的リハビリテーションの展開を実施しております。

地域で生活している患者さんが、退院後も住み慣れた場所での生活を安心して継続できるよう、退院後のフォローにも力を入れています。今後、ますます当院が地域に密着し、地域のみなさんから頼りにしていただけるよう、職員一同努力していきたいと思っております。

リハビリテーション部の取り組み

1
すべての分野の
リハビリを
実施しています

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が疾患別リハビリにおいてすべての分野のリハビリを実施しています。

いろいろリハ
2
1日でも早い在宅復帰を
目指します

入院初期から、退院後は外来でのリハビリや訪問リハビリなど、継続的なリハビリで支援しています。

訪問リハビリテーション
3
食べる楽しみを
大切に

当院では食べる楽しみを大切にしています。医師指導の下、言語聴覚士や管理栄養士が中心となり、在宅復帰に向けて摂食嚥下リハビリテーションに取り組んでいます。

摂食嚥下リハビリテーション
4
多職種協働と退院支援
への取り組み

リハビリテーション効果を最大限に引き出すために、看護・介護の専門職と強力なチームを形成し、全力で在宅復帰へ向け支援いたします。退院にあたってはソーシャルワーカーやケアマネジャーと協力し、社会資源の活用や介護福祉サービスについて情報提供とご提案をいたします。

チーム医療
5
スキルアップ推進
学術研究・学会発表

療法士として、その知識・技術を研鑚する姿勢は当たり前です。患者さん・ご家族、そして仲間からも信頼され、選ばれる療法士になるための努力をバックアップしています。 また、学術的な研究や発表を推奨しており、毎年、多くの療法士が全国のさまざまな学会で発表しています。

取得資格・論文掲載・学会参加実績
6
実習生の
受け入れについて

リハビリテーション部では、「平成リハビリテーション専門学校」をはじめとし理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の養成校から多くの実習生を受け入れています。

実習生の受け入れについて

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、「再び適した状態へ戻すこと」であり、単なる機能回復を目指すのではなく、心身共に障がいをお持ちの全ての方々にとって、その方らしい生活へと回復していただくための手段です。
当院では医師の指導のもと、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が症状に合わせた治療プログラムをご提供しています。

理学療法

理学療法では運動療法・物理療法などを用いて発症早期から積極的に離床を促し、起き上がりや歩行などの基本動作の獲得を目指します。訓練場面では早期装具療法など根拠に基づくリハビリテーションに加え、近年ではロボットスーツを用いた新しいリハビリテーションも導入しています。入院患者さんの早期退院を目指すのはもちろん、生活習慣病予防や転倒予防のための健康教室を地域において開催するなど予防医学の観点からの取り組みも積極的に実施しています。

作業療法

身体または精神・高次脳機能に障がいのある方に対して、食事やトイレなどの日常生活動作能力の改善を目指し、こころとからだのリハビリテーションを行います。ADL(日常生活動作)専用のリハビリテーション室を設け、退院に向けての準備として病棟での日常生活動作に加え掃除・洗濯・調理などを練習します。また、地域活動への参加や就労・就学の準備などの社会参加に必要なサポートを行います。

言語療法

言語聴覚療法では言葉がしゃべりにくい、思ったことが上手く言えない、ご飯を食べるとむせる・喉に詰まるなどの症状を抱える方に対してリハビリテーションを行っています。また、家族との交流を円滑にし、いつまでもおいしい食事が取れるようにサポートしています。

主な対象疾患

  • 脳血管疾患
  • 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管疾患
  • 失語症や失認、失行などの高次脳機能障害
  • 肺炎や無気肺、その他の急性発症した呼吸器疾患

物理療法

  • 電動式間歇牽引器、渦流浴装置、ホットパック
  • 極超短波治療器、低周波治療器
  • 超音波治療器
  • レーザー